FC2ブログ
<-->


「Pixel&測定コモン Ver1.24」「クイックヘルプVer1.01」

はいっ、皆様こんにちは。
ウディタ界一、ブログの更新が遅いvanでございます。

前回の更新からどれくらい離れてるんでしょうか?
・・・あ、なんだまだ2ヶ月と少し。
思ったより開いてませんね。
ふふっ、まだまだ余裕の更新間隔です。

さてさて、本日は以前ご案内した「Pixel&測定コモン Ver1.10」を
Ver1.24にバージョンアップしました。
そして、「クイックヘルプVer1.01」を新たに製作しましたので、共にご案内させていただきます。

◆ 「Pixel&測定コモン Ver1.24」 ◆

ScreenShot_2010_0611_11_00_49.png


「Pixel&測定コモン」の詳細についてはこちらをご覧ください。

主に前回からのバージョンアップは以下の通りです。

 ・今まで確認取れていたバグの撤去
 ・グリッドをより見やすい画像に変更、スケールサイズ 10Pixelと16Pixelの画像を新たに用意
 ・画面の光度にあわせ、グリッドカラーを黒~灰~白の5階調に設定可能
 ・画面に生成されたスクエアの一括消去が可能 
 ・画面に生成したスクエア情報を外部に保存、次回起動時に復元可能

バグの撤去については当然ですとして。
グリッド画像の変更については、メニューを作成する時って、黒画像に透明度設定をして
利用されるケースが多いですよね。
そのため、罫線が黒だと見辛いんです。
ところが白だとコントラストが強すぎて、もっと見辛いんですよね。
そこで今回は中間色にグレーを用意して、画面の光度によって使い分けできるように
設計しました。

また、16Pixel単位のグリッドを新たに用意しましたので、キャラチップ単位の
デザインをする際に使えると思います。

ScreenShot_2010_0611_10_57_43.png

スクエアの一括消去も搭載しました。
スクエアをたくさん作ってしまった際に、一枚一枚消去するのが面倒な時に使用してください。

正直、このコモンにそこまでいらないとは思うんですが、外部出力については、
一度やってみたかった機能ではあります。
「文字列操作コマンド」にてスクエア情報を外部ファイルに書き出して、次回コモン起動時に
自動で読み込まれます。

そんなこんなで、ようやく皆様の目に触れても恥ずかしくない程度には仕上がったと思います。
公式サイトのコモン集にも登録させていただきましたが、よろしければお使いください。

グリッド&Pixel測定コモン Ver1.24
コモン導入済のGame.exe


◆ クイックヘルプ Ver.1.01 ◆

こちらのコモンは、主にテストプレー中にウディタで使用できる数値を参照できるコモンです。
参照できる内容は「変数呼び出し値」「特殊文字」「システム変数」で、内容はウディタ同梱の
「Manual.chm」の内容を転載したものになります。
(SmorkingWOLF様に転載して問題ないか、確認は取ってあります)

ScreenShot_2010_0611_23_39_08.png

こちらのコモンもマウスを使用したコモンで、オンマウス処理やマウススクロール処理の
勉強として作成しました。
コモンの構造も「Pixel&グリッド測定コモン」よりは格段にシンプルに作っていますので、
大まかな処理を確認するのも容易だと思います。

マニュアルで確認できる内容だけですと「マニュアル読めばいーじゃん」になってしまうので、
ゲーム画面上で確認して得する「フォントサイズ」の確認項目を用意しました。
ただし、内容はまだまだ未消化で、フォントサイズ変更した文字をただ並べただけ、
という作りです。
そのうち「カラーの確認」とか増やしていければ、と思いますが、
とりあえず必要と思われる内容を入れておきました。

注意事項としては、大量の文字を文字列ピクチャに入れてますので、少し処理が重めです。
こちらも興味がある方は、ぜひお使いいただければと思います。

クイックヘルプ Ver1.01
クイックヘルプ Ver1.01導入済のGame.exe.exe


◆ 上記コモンを併用される方へ ◆

紹介した二つのコモンは、どちらも「マウス右クリック」のトリガーにてコモンが起動します。
そのためコモンを併用した場合、右クリックで二つのコモンが起動してしまい、
えらいことになってしまいます。

そのため、右クリックを起動トリガーから外す処置も施してあります。
詳細は同梱のReadme.txtに記載していますので、必要に応じてお使いください。
(その際のコモン起動はキーボードからの起動になります)



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

リンク
twitter
http://twitter.com/vanzgraphica
このページのトップへ